店長の苦悩

いち現場レベルでは、先に述べたように、良い方向へ向かっているのであれば、いいのですが、業界が抱える問題は何も解決はされていません。

本コラムの冒頭に記述させて頂いたとおり、現在の風俗業は、昔と違って、稼ぐことが非常に難しくなっているのは事実です。
これは、あくまで、働く女性目線での話でしたが、逆を言うと、働く女性が稼げないということは、その店舗自体も、あまり良い収益を上げられないというジレンマがあります。とあるデリヘル店オーナーは言います。

「皆さんもおわかりのように、昔と違って、最近は風俗に対する敷居も低くなり、だれでも気軽に業界に身を預けることができるようになった。それは、卒業も同じで、店にがんじがらめにされることなく、入りたいときに入り、辞めたいときに辞められる」そんなクリーンなイメージになった反面、「女の子たちの働くモチベーションが様変わりした。前は、お金が必要で、あくまで、お金!ってのが全面にあったのが、今では、学校が休みだからとか、就職が決まらないからとか、子供が学校にいってる間にとか・・」ていのいいアルバイト感覚での風俗嬢が蔓延している。

そして彼女たちは、一日一本二本で数千円~数万円報酬で満足してしまう。
むしろ それ以上の指名や延長が入っても、自分の許容を超える分は、平気で断ってしまうのです。これでは、お店は立ちいきません。
本気で風俗の世界に身を預けるフードルに出会うのは至難の業とすら思えてしまうのです。

デリヘル店を立ち上げる店長の悩みを解決!風俗店のホームページ制作の制作会社の選び方

店長の苦悩は、お店を立ち上げる前からすでに始まっているのです。 最近は店舗を持たない、無店舗型風俗(デリヘル)店が主流です。店舗を持たない分費用をかなり抑えて運営できることが、デリヘル型のメリットですが、 その分、集客やお店のイメージや情報発信にお店のホームページを持つことが必須となっています。

また、最近ではデリヘル店の風営法の許可証を警察に届け出る際に、ホームページのURLが必要となる場合が増えてきています。 それはつまり、お店をまだ運営する前段階に、ホームページの制作費用が掛かるということです。また、その時にすぐにホームページを用意しないといけません。

ではどうやってそのホームページを用意するのか?ほとんどはプロのホームページ制作会社に依頼することになります。 お店の集客や情報発信に使われるホームページは、やはり手をかけて制作しないと、せっかくお店を立ち上げても売り上げが望めません。 デリヘル店にとって、ホームページのクオリティがお店の売上に直結するのです。 ただし、ただクオリティーが高いだけではだめです。そのほかに必要な条件が、ホームページの制作費が安い・運営費が安い・制作時間が短い、が重要です。

そんないい所どりの制作会社なんて本当にあるの?と思われるでしょうが、ホームページ制作会社には風俗店を専門に取り扱うことにより、コストを抑えて高クオリティ・低コストの制作を実現している会社がいくつかあるのです。 高いコストをかけたから儲かるお店ができるわけではありません!低コストでも高クオリティーなホームページはできるんです!